仕事紹介

現場を超えたキャリアに、調理師としての新たな挑戦がある

山本 宗平2011年入社
事業部/支店長

毎日だからこそ、
美味しさを

私はもともと外食店舗で働いていたのですが、調理師として安定して働ける印象を受けたことと、その後の可能性を感じたことが、LEOCへの入社を決めた理由でした。一般的な外食と違い、給食の調理の特徴はお客様が毎日通ってくださること。だからこそ毎日美味しいものを提供できるよう、最大限の努力をすべきだと感じています。また、私は入社して約5年間で、ホテルの社員食堂、企業の社員食堂、銀行の社員食堂を経て、事業部に配属となり、支店⻑になるためのさまざまな経験を積み重ねてきました。こうして、1ヶ所に留まるのではなく変化があるというのは、キャリアを重ねる上でおもしろいと思いますね。

毎日だからこそ、美味しさを
マネジメントのおもしろさ

マネジメントのおもしろさ

入社してから多くの経験を経た中で、最も成⻑を感じたのは、支店⻑になったときのことです。契約先であるクライアントからの要望に対応したり、事業所の人員を採用・異動調整したり、単に調理をするだけではなく、マネジメント業務を担うようになりました。支店⻑としてクライアントに名刺を渡したときは、キャリアアップしたことを実感し、「もっとがんばろう!」とモチベーションも高まりました。そして、マネジメントをする立場に変わったことで、事業所の運営全体と、先を見通す視点が身についたと思います。お客様に「美味しい」と喜んでもらうことはもちろん、その上で収支予算を達成するという新たなやりがいを感じるようになりました。

チャンスと成長

新規事業所の立ち上げに携わったことも、今までの仕事の中でとても印象深いものです。前年からクライアントとの打ち合わせが始まり、メニューを考えたり、食器を選んだり、話を詰めていく中で自分の思い描いたことが形になっていく過程はとても楽しかったですね。また、新規事業所の立ち上げもそうですが、調理師としてさまざまなチャンスがあるのがLEOCの魅力だと思います。会社の成⻑とともにさまざまな活躍の場が増えていますし、海外で働く道もある。成⻑を望む人にとって、LEOCは魅力のある環境だと思います。

チャンスと成長
「やりたいこと」を叶える場

「やりたいこと」を叶える場

事業所で調理をする立場から、マネジメントする立場になり、今叶えたいと思うのは、 従業員の給与を上げることです。業績・運営管理が主な仕事になったことで、収支予算の達成は大きなミッション。事業所の従業員ががんばった分だけ結果につながる様子を見て、従業員により良い環境をつくりたいというのが目標です。そのために、試行錯誤の毎日です。
LEOCは、やる気を受け止めてくれる環境。だからこそ、広がるチャンスを活かし、挑戦を続けていきたいと思います。

my way of LEOCテキスト
my way of LEOC写真
  • 2011年~社員食堂 配属
  • 2012年~社員食堂(責任者)
  • 2013年~事業部配属(支店長)

その他の社員