仕事紹介

「先生、美味しかった!」 という声が私の励み。 子どもたちの食をもっと豊かに

一ノ宮 梨花2015年入社
保育園勤務
栄養士

栄養士としてのスタート

私は学生のころから子どもが好きで、保育園で子どもの食事をつくりたいと思っていました。一方で、老人ホームや病院での食事づくりにも興味があり、LEOCに出会いました。そして参加した説明会で、手づくりにこだわっていることを知り、栄養士としてのやりがいと魅力を感じたことが入社のきかっけでした。入社後、私が最初に配属されたのは介護老人保健施設。そこで、洗浄や盛り付け、食札管理、トレーチェックなど、一通りの業務を覚えました。そして、入社して3ヵ月が経ったころには、調理にも挑戦。実際に調理を経験したことで美味しさはもちろんのこと、作業工程・効率をより意識した献立作成ができるようになりました。今までアルバイト経験が比較的少なく、フルタイムで働くのが初めてでしたが、一緒に働く先輩やサプラーさん*がとてもパワフルで、楽しい事業所でした。
*サプラー = パート従業員のこと。"満足を生み出す人"という意味が込められた造語

栄養士としてのスタート
子どもたちの心と体を育てる

子どもたちの心と体を育てる

保育園に異動したのは、2年目のことでした。口の小さな保育園児用の調理や離乳食づくりは初めての経験なので、一から勉強しながら、献立作成に挑みました。献立作成では、栄養価を考えることはもちろん、子どもたちが楽しく全部食べられるように工夫することも大切。盛り付けや、型抜きで興味をもたせるのは、保育園ならではの取り組みです。
こうして、子どもたちから「美味しい!」という声を直接聞くことができたときは、最高にうれしい瞬間。そして、保護者の方からは「うちでは野菜を全然食べないのに園だと全部食べている。どんな調理をしているんですか?」という言葉をいただけたときも、保育園の栄養士として喜びとやりがいを感じます。

子どもにとって食育の大切さ

これから食べることを覚えていく子どもたちに、食育はとても大切だと思っています。その企画提案や実施も、私の大切な仕事です。例えば、今の子どもたちは、食材そのものを見る機会が少なく、元の形を知らないこともあります。そこで、この間はみんなでトウモロコシの皮むきをして、そのトウモロコシを使った料理を出しました。あの黄色いツブがどんな形で実っているか、それを知ってもらうためです。また、提案した食育クイズも好評で、そういった食育イベントを提案すると子どもも先生も喜んでくださり、園長先生からも「ぜひお願いします!」と言っていただいています。

子どもにとって食育の大切さ
プロジェクトメンバーとして

プロジェクトメンバーとして

今、私は保育園の現場を受け持ちながら、本社の「保育園プロジェクトチーム」のメンバーとしてメニューを開発しています。LEOCの保育園給食をよりよくすることがねらいです。今は、アレルギーを持っている子が一人だけ別のメニューになってしまわないよう、アレルギーに考慮したおやつの試作を行うところ。小麦や牛乳の代わりに米粉や豆乳を使って同じものがつくれないか検討し、みんなで一緒のものが食べられるようにしたいと思っています。
入社3年が経った今、リーダーシップも発揮し、仕事に手応えを感じてきたところ。今後、力を入れたいのは食育で、もっといろいろ学びながら、その園に求められるものを提案したいと思います。

my way of LEOCテキスト
my way of LEOC写真
  • 2015年~介護老人保健施設 配属
  • 2016年~保育園 配属  保育園プロジェクトチームメンバー

その他の社員