仕事紹介

栄養士として働くことの さまざまな可能性を知った3年間。 この先がもっと楽しみに

髙畠 藍2016年入社
高齢者施設勤務
管理栄養士

イキイキとした雰囲気

私は大学で食物学を学び、栄養士の資格を取得しました。しかし、社会人としてそれがどう活かせるのか、具体的なイメージを持つことができず、就職活動中は、栄養士以外の就職を考えたこともありました。そんな中、私がLEOCに惹かれたのは、会社の雰囲気がとても明るく、社員のみなさんがイキイキとしていたから。そして、給食事業だけでなくサッカーチームのサポートや外食事業など、さまざまな取り組みをしていると知ったからです。そこに、会社としての可能性を感じるとともに、自分の可能性も広げたいと思ったのが入社の理由でした。
今、私はLEOCで働いて3年目になりますが、人が明るくイキイキとしているというイメージは変わっていません。そして、一緒に働く仲間が皆、何でも言い合えて、やりたいことに積極的に挑戦できる環境が、LEOCにはあると感じています。

イキイキとした雰囲気
成長を感じた瞬間

成長を感じた瞬間

私の最初の配属は有料老人ホームでした。調理補助、盛り付けの手伝い、発注業務、食札管理などを担当しながら仕事を覚え、半年が過ぎるころに、献立作成にも挑戦しました。
その中で、とくに難しいと感じるのは、調理師の方とのコミュニケーションです。栄養士は、まず栄養価を考え、調理師は、まず味のことを考える。調理師から「この料理にこの付け合わせはない」などと指摘を受けることもありました。初めは、意見を聞いてばかりのときもありましたが、栄養も味もどちらも重要。栄養価を保ち、美味しく食べていただくために、お互いの意見を調整することの大切さを学びました。そして、相手の求めていることを理解した上で、自分の意見を伝えられるようになったとき、成長を感じることができました。

LEOCの「人」から学ぶ

入社2年目に、オープンを目前にした介護老人保健施設に異動したことも、自分を成長させてくれた出来事の一つです。右も左も分からない新しい環境で課題を乗り越えようとする中で、自分で調べて考え、行動する力が身についたと思います。
また、LEOCでは人から学ぶことも多く、オープンの際に応援に来た運営指導部の方がサプラーさん*を丁寧に教える姿を見て、「自分もこうありたい」と思うことができました。他にも、初めて私に仕事を教えてくれたサプラーさんは、一つひとつの仕事の教え方がとても丁寧で、自分が教える立場になったときは「こんな風に教えたい」と見本を示してくれました。そして、その際にくださった「きちんと仕事をしていれば、周りは協力してくれる」という一言は、今、仕事をする上で大切にしている言葉です。
*サプラー = パート従業員のこと。"満足を生み出す人"という意味が込められた造語

LEOCの「人」から学ぶ
栄養士としての自分の未来

栄養士としての自分の未来

事業所で学ぶことはたくさんありましたが、本社ではさまざまな研修が用意されており、私も毎月のように参加しました。例えば、介護食の試食や勉強会。食品流通など、栄養士としてだけでなく会社員として社会の仕組みを学ぶことができるものもありました。イベント用献立の調理研修では、他の事業所の栄養士のアイデアを知ることができ、自分の事業所でイベント用献立を考えるときのヒントになりました。
LEOCには、栄養士として多くのことを学び、挑戦できる環境があります。正直なところ、入社時は、自分に何ができるのだろうかと不安でしたが、LEOCで3年過ごした今は、栄養士として活躍できる道がたくさんあることが分かりました。まだ将来の具体的な方向は決めていませんが、3年後に何をしているか、今は私自身とても楽しみです。

my way of LEOCテキスト
my way of LEOC写真
  • 2016年~有料老人ホーム 配属
  • 2017年~介護老人保健施設 配属
  • 2018年~管理栄養士免許 取得

その他の社員