SPECIAL CONTENTS

LEOC 総合職入社 10年目までの117名にアンケート調査を実施!
今回は、「働き方編」をご覧いただきます。
様々な事業を経験する総合職。先輩たちは仕事を通し、何を感じ、どのように成長しているのでしょうか。
入社5年目・採用担当の永沼と一緒に見ていきましょう!

※本アンケートは、新卒・総合職入社10年目以下の117名が回答しております。

「お客様のために」といったコメントが多くみられ、お客様を思い仕事をしている方が多いことを改めて感じました。また、「個人業務ではないため、一緒に働く人のために」との声も多く、チームで進める仕事が多いからこそ、一緒に働く人に対する意識を大切にしている方も多くいました。LEOCの仕事はお客様や一緒に働く従業員といった「人との関わり」が切り離せない仕事が多く、だからこその回答が多くありました。

 



成長したと感じたポイントが入社3年目までの社員と、入社4年目以降の社員で違いが見られましたので、分けてみました。入社3年目までの社員は、まずは学生から社会人にステップアップしたようなイメージでしょうか。社会人として仕事をしていくうえで欠かせないことが成長ポイントとして多く上がっていました。4年目以降の社員はこれまでの経験を糧に、更にもう1段階!成長しているような印象です。

▶採用担当メモ:
学生時代に成長を感じることはそう多くないと思いますが、社会人になって半年間振り返ると(半年ごとに振り返るタイミングがあるため)、出来るようになったことや、視野の違いを実感することができ充実した濃い時間を日々過ごしているんだな…!と思うことがあります。特にLEOCでは若手のうちから実感出来ることが多いのではないかと思います!

 

評価されていると感じている方が90%弱。目覚ましいスピードで事業拡大や規模拡大をしているLEOC・ONODERA GROUPは、従業員も増え続けています。ここ数年で人事制度の改善やコロナ禍における働き方改革など、より人財を大切にする気持ちを大切にしながら一人ひとりが活躍できる環境を作っていきます。

 

「風通しがよい雰囲気」という結果からも分かる通り、社内に相談相手がいる方が95%以上。何か困った時に、気軽に話せる人がいるだけで普段の安心感は違いますよね。同じ部署の先輩・後輩だけでなく、立場がより近い同期に話を聞いてもらうことも、多いのではないでしょうか。

▶採用担当メモ:
私自身、直属の先輩はもちろんのこと同じチームの後輩に相談して意見をもらうことも。初めは自分の弱みを見せるようで少し勇気がいりましたが、自分の考えになかった解決策を提案してもらえたり、思わぬ後輩からの頼もしい声が聞けて心が軽くなった経験が何度もあります。出社日が同期と重なった日は必ず一緒にランチに行き、みっちり話します!!

 

現在所属する部署での目標、更に先を見据えた目標など、様々な目標があがりました。具体的な営業件数の目標や役職の目標などもあり、まさに「成長意欲」が表れているなと感じました。こちらも、年数が上がるほどチームや組織についてや「自分以上の後輩を育てる!」といった、自分自身以外へ矢印が向いた目標が増えている結果もLEOCらしいなと感じます。

▶採用担当メモ:
入社してすぐは自分のことを考えるのに精一杯で自分がどう成長するのか・どうキャリアを描くのかといった目標を掲げていました。LEOCでの経験が重なっていくにつれて自分のことだけではなくチームのことや会社のことを自分ごととして捉え目標の視野が広がってきた経験があったので、回答を見ていく中で共感できる声が多くありました!

次は最終章「プライベート編」です。
学生と社会人では、どんな違いがあるのでしょうか?ぜひ、ご覧ください。

新着記事

totop