お問い合わせ
スタッフイメージ
interview

スタッフインタビュー

病院勤務勤務 管理栄養士

病院での食事提供は、命に関わる食事であることを絶対に忘れないようにしています。

入社3年目 2014年入社 岡田 紘明

現在働いている事業所はどんな事業所ですか?
東京都豊島区にある急性期病院。120~130食を提供しています。
展開は、8展開、治療食は、10種類。サイクルメニューとなりますが、メニューや盛り付けに関しては、現場の調理師とも相談し、献立作成に活かすようにしています。
従業員は、20代~70代まで全員で14名の事業所です。外国籍の方も在籍しているので、最初は、コミュニケーションをとることが大変でしたが、相手が理解するまで諦めずに伝えること、積極的にコミュニケーションをとることを心掛けています。
スタッフイメージ
入社のきっかけ
スポーツ栄養士を目指していたため、直営より委託会社で様々な業態を経験し、幅広い知識をつけたいと考え、給食委託会社を中心に就職活動を行いました。その中でスポーツ事業の展開をしているLEOCを知り、説明会に参加しました。
入社してすぐに栄養士業務を行うのでなく、まずは病院や施設などで調理を経験できることが自分の考えとも一致したため、入社を決めました。
自分が立てた献立を、自分でも調理できるようになることは、自信を持って喫食者様にご提供・ご提案していけるものになると考えています。
それでも献立を立てはじめた当初は、主菜と副菜で食材がかぶってしまうことがあり、トレーチェックをして、初めて気づくこともありました。
今は献立作成のタイミングで調理師にも相談し、メニューチェックをしてもらったり、検食簿をチェックし、献立を都度修正していくように気を付けています。
入社前には、委託会社に入ると、クライアントの栄養士様との関係性に不安もありましたが、病院側の栄養士様より教えていただくことも多々あり、とても良い関係となっています。日々勉強をさせていただける環境でとても有難く感じています。
スタッフイメージ
仕事のやりがい
転院してくる方が多い病院ですが、食事を召し上がった方より喜びのお声をいただくことがあり、そのようなお声をいただけることは、とても嬉しいです。
“ここの病院に転院してきてよかった。幸せだわ”とおっしゃっていただけたことがあり、励みになっています。
業務面では、食材管理が難しいです。プレッシャーではありますが、実際に数字として、改善が見られたときは、会社より評価されるので、やりがいはあります。
給食委託では、栄養士業務だけでなく、マネジメントも経験できることが非常に大きいと感じています。現場で働くサプラーの採用や店舗のマネジメントについても、経験することができます。
スタッフイメージ
常日頃、心がけていること
病院での食事提供は、命に関わる食事であることを絶対に忘れないようにしています。
食事提供は誰が1人の力で出来ることではなく、日々チームで食事を作り、提供しています。
そんな中で、誰かがチェックをしてくれるから大丈夫だろうという気持ちにならないように、一人ひとりへの意識づけも行うことが大切だと考えています。
常にどうすれば良くなるかを考え、チーム全員のレベルアップにつながるように、全員が全員のカバーをできる体制を作ることを目指しています。
スタッフイメージ
自分にとっての原動力
周りで支えてくれる人たちです。
くじけそうになったときは、職場・同期・学生時代の友人に会い、刺激をもらいまた明日からも頑張ろうと思うことができます。
スタッフイメージ
取材MEMO
新卒管理栄養士として入社し、管理栄養士として多くの経験を積むこともできる病院での勤務をしている岡田さんのインタビューをしました。
厨房での一連の業務を把握し、現在は献立作成・食事箋の処理に日々奔走しています。
また後輩栄養士も入社をしてきたため、自分が経験したことを踏まえ、後輩指導をする姿も印象的でした。
今後の目標を聞いたところ、「スポーツ栄養に関わりたい」と話していました。そのためにも多くの現場を経験し、たくさんの知識を身につけ、管理栄養士としてもっと成長したい!と熱く語ってくれました。今後も大きく成長する姿を楽しみにしています。

お問い合わせ

Contact


メールでのお問い合わせ

お電話でもお気軽にお問い合わせください

03-5220-8550

土、日、祝日及び年末年始を除く 9:00~18:00


  • ONODERA GROUPONODERA GROUP
  • 銀座おのでら銀座おのでら
  • 介護福祉士・ケアマネージャー求人サイト|介護のお仕事
  • PW Group
  • 80歳定年
  • YOKOHAMA FC
  • Espolada
  • アスリートJOB
totop