EVERGREEN - ずっとつづく、
カラダとこの地球のために。
全国1000ケ所で繰り広げる
プラントベースプロジェクト

About

About 1000 VEGAN PROJECT

《活動目的》 コントラクトフードサービス事業者のスケールメリットを生かしたプラントベースの食事提供を社会連携し、「地球環境の持続可能性」と「心身の持続可能性」へ貢献する。

《活動内容》 LEOCが受託する事業所の運営において、選択肢のあるプラントベースの食事提供を通して、地球環境の保全ヘつなげるサステナブルな取組を提案。賛同いただける企業・団体様と連携し、 SDGsにも紐づくグローバルな活動に拡げていくことを目標としております。

《メニュー監修》 杉浦 仁志(株式会社LEOC 執行役員)

《協賛》 日本サステイナブル・レストラン協会カゴメ株式会社株式会社村上農園

《参加事業所》 明治安田生命事業所様

What is “VEGAN”?
What is “VEGAN”?

ヴィーガン(VEGAN)とは、使用する食材から調理方法、流通の経路に至るまで、動物性の材料を使用しないことをさします。
近年では健康や地球環境のために、ヴィーガンをはじめとするプラントベース(植物由来)の食事へ切り替える方が世界的に増加しています。

《ヴィーガンって健康にいいの?》 ヴィーガンをはじめとするプラントベースの食事はコレステロールの減少やBMIの低下、がん発生リスクの軽減に効果的であるとする研究(Monica D, et al. 2017)や、血圧の低下・心臓病発生リスクの軽減に効果的であるとする研究があります(Craig, W. 2009)。

《ヴィーガンって地球に優しいの?》 食肉用家畜の消化器内発酵(げっぷなど)から排出されるメタンガスは、二酸化炭素の約25倍もの温室効果があり、地球温暖化の大きな要因となっています。
近年は餌の改良などで日本国内の排出量は減少傾向にありますが、新たな選択肢が必要とされています。

1000 VEGAN LEOC PROJECT

1000 VEGAN PROJECT 公式ロゴ。Gの形に渦巻く鮮やかな緑で、私たちが未来へ引き継ぐべき豊かな地球を表しています。

SDGs SDGs

Vege-Meter現在の提供事業所数

ただいま、100事業所で提供中

全国で83000食事提供

メニュー監修・運営指導 杉浦 仁志

ONODERA GROUPエグゼクティブシェフ、LEOC執行役員。
1976年大阪府生まれ。
東京や大阪のレストランで研鑽を積んだのち、2009年に渡米。

全米でスペシャリティーレストランを展開する「PATINA RESTRANT GROUP」創業者、ジョアキム・スプリチャル氏に師事。エミー賞授賞式やティファニー本店、ハリウッドボウル会場での食事提供に携わる。

2014年からは2年連続で、国連日本代表団レセプションパーティーにてエグゼクティブシェフを担当。

2017年にはイタリア・ミラノで開催された世界大会「THE VEGETARIAN CHANCE」にてベスト8シェフに選出され、2019年には第1回「ベジタリアンアワード2019」にて料理人賞を授賞するなど、受賞歴多数。