LEOCで働く人
ヒューマンリソース事業<br>ONODERA USER RUN<br>第一営業本部 本部長 執行役員(株式会社LEOC) 木村 遼

LEOC FC 誕生
仕事とサッカーの両立を。
後輩へ繋ぐ想い

新卒│総合職
2011年入社
木村 遼
ヒューマンリソース事業
ONODERA USER RUN
第一営業本部 本部長
執行役員(株式会社LEOC)
  • 驚きと嬉しさで

    学生時代は、帝京高校 サッカー部・明治大学 体育会サッカー部に所属し、サッカー漬けの毎日、LEOCで働きはじめてからも社会人リーグ(エリースFC東京)に所属し、サッカーの活動を続けていました。私が入社した当時は、まだLEOC FCはなかったので、他の皆と同じように総合職として入社しました。
    事業所での研修を行う中で、LEOCの最前線のサービスを学び、また同期との繋がりも作り、大変だけどとても充実した仕事環境でした。このままキャリアを積み、いよいよ事業部の支店長(本部スタッフ)としての一歩を進もうとしていた時、「LEOCでサッカー部を創ってみないか」と話をいただき、「やります!」と強く答えたことを、今でも覚えています。当時LEOCは横浜FCの胸スポンサーをしており、勿論、サッカーをしている私にとって自分の会社が胸スポンサーであることを誇りに思っていましたが、まさか自分の会社でもサッカーチームが出来るなんて思ってもいなかったので、とても驚いたし、創部者として挑戦したいと思いました。

  • 仕事とサッカーの両立に
    必要なものとは

    2013年いざ、発足に向けスタートしてみると、なかなかサッカー経験者で集まれるメンバーが見つからない。コンスタントに集まれる人数も少なく、試合にも出られない状況でしたので、フィート(現在の横浜フィートエンターテイメント)所属のスタッフの方々に協力して頂いたり、サッカー未経験の方に数日間サッカーを教えて出場してもらったり、と何とかメンバーを集めている状態が続きました。

  • ただ、そんな中でも、事業所で仕事をするメンバーたちが練習に行きやすいように、シフトを調整してくださったりと、周りの方々に本当に助けていただきました。
    私自身はというと、やりたい事ではあったのものの、支店長としてのキャリアが始まり勉強することも多く、正直、仕事との両立は大変でした。これでは、サッカーをやりたい気持ちがあっても、長く続けることが出来ない。他のメンバーも同様に、転勤やキャリアアップに連れ、サッカーを続けていける状況ではなくなっていきました。みんな、仕事でも結果を出したいし、サッカーも目標であるJFL昇格を果たしたい。でも、このままではコンディション維持や安定したメンバーの確保が難しくなっていく。メンバーもバラバラになってしまうー

    その時、「仕事もサッカーも本気で取り組める環境」を整える必要があると、強く感じました。

  • それぞれのチャレンジへ

    2017年私は支店長の業務を終え、海外事業へのチャレンジすることになりました。東南アジアで日本語学校運営と海外人財を日本で活躍出来るよう育成する、新たな挑戦。海外旅行もあまり経験がなく、今まで考えたこともなかったので、驚きと不安もありましたが、こうして新しい事業にどんどんチャレンジさせてくれる風土は、とても有難いことです。

  • 私はベトナムに駐在していました。最初はなんとかなると思っていましたが、知り合いも一人もいない、言葉も通じない環境は想像以上に大変でした。この状況を救ってくれたのは、現地で一緒に働くベトナム人スタッフ。仕事以外のフォローもたくさんしていただき、現地のスタッフには感謝しかないです!また、ベトナムはサッカーが盛んな国ということもあり、サッカーを通して、ベトナムで日本人の知り合いができたり、ベトナム人と週末サッカーしたりと、サッカーを通して新しい出会いもたくさんありました。言葉が通じなくても、サッカーを一緒に楽しめるって最高ですよね。

    そしてLEOCFCはというと、私は次のリーダーに想いを託し、「仕事」も「サッカー」も本気で取り組める環境を整えていただきました。2019年、新たに新生LEOC FCとしてリスタートを切りました。残念ながら私は海外赴任のため引退をしていましたが、次の世代がより良い環境で仕事もサッカーも取り組めることをとても嬉しく思います。総合職として入社し、まずは事業所での厨房業務を中心に、しっかり仕事にも打ち込み、サッカーにも週4日取り組める環境があります。採用選考にはサッカースキルも確認することで、強く、意識の高いメンバーが集まってきます。まずは、神奈川県2部リーグに昇格し、ぜひJFLまで上がってほしいですね!そしてLEOC FCのコンセプト「仕事もサッカーも本気。」を忘れずに、総合職としても仕事で結果を出し、しっかり活躍出来る人財になっていってほしいと思っています。

  • 私は今、ベトナムから帰任し、ヒューマンリソース事業ONODERA USER RUN(以下OUR)に所属し、人財紹介の営業を担当しています。国内の西日本エリアを管理する責任者として、日々勉強の毎日です。一人ひとりの人財を大切にするONODERA GROUPだからこそ、この仕事を誇りに思い、やりがいに繋がっています。グループでは様々な事業が展開しています。私もたくさんチャレンジの機会をいただき、たくさんの経験をさせていただきました。どんな立場になろうと、LEOCの総合職として入社し、グループの根幹である給食事業でサービスの基本を学んだことは、今でも私の仕事をする上での軸になっています。これからは、その想いを次の世代に伝え、ヒューマンリソース事業をグループの第二の柱として成長させることが目標です。

    こんな素晴らしい環境で仕事にもサッカーにも取り組める場所は、なかなかないと思います。ぜひ、皆さんも私たちと一緒に本気で取り組んでみませんか。待ってます!

    ※所属およびインタビュー内容は取材当時のものです。

その他の社員

totop