LEOCで働く人
ヒューマンリソース事業<br>ONODERA USER RUN 海外事業統括 常務執行役員(株式会社LEOC所属) 渡邉 祐也

「社会貢献」の理念を担い
 東南アジアと日本を結ぶ
 架け橋となる

新卒│総合職
2008年入社
渡邉 祐也
ヒューマンリソース事業
ONODERA USER RUN 海外事業統括
常務執行役員(株式会社LEOC所属)
  • ビジネスパーソンとして
    成長する

    私は、どうしても給食事業に就きたいと思っていたわけではありませんでした。実は外食業界も食品業界も視野になく、本当に“たまたま”だったのです。LEOCという会社の面接を受け、そこで出会った人の若々しさや会社に流れている爽やかな空気、言葉の端々に感じられる確固たる価値観のようなものに、惹かれました。LEOCの商品やサービスのことはまだよく分からないけれど、この会社は、営業職を担いビジネスパーソンとして成長し続けていきたいと思っている私に向いていると直感したのです。今、入社11年目になりますが、その時の印象は、間違っていなかったと感じています。

  • 理念を掲げ、想いを貫く

    入社後はB&Iの分野で営業を担い、仕事を覚えていきました。LEOCの営業の重要な仕事には、コンペ方式でのクライアントへのプレゼンテーションがあります。その際、競合会社の営業担当者は知識や経験のある年上の方で、各社の持っているノウハウをいかに提示するかを重視した提案が多い印象でした。私たちは、クライアントの企業文化や経営層の社員に対する考え方を重視したヒアリングやプレゼンテーションを重ねました。そのように、ポリシーや想いを大切にオーダーメイドにこだわった提案は、いつも高い評価をいただきました。私は改めて、LEOCには確固たる理念があり常に貫く姿勢があると感じ、それこそ、私が入社前に“よさそうだ”と直感した理由なのだと気付きました。

  • 未知の人財事業に転進

    入社11年目、私は東南アジアにおけるヒューマンリソース事業を加速させるため、事業本部の本部長として事業全体を統括することになりました。給食とはまったく分野の異なる事業です。日本を発つ前、困惑はないかと同僚から聞かれましたが、まったくありませんでした。当社の経営理念にある「社会貢献」を実現する事業であるという意味で、本質は変わりません。給食事業に調理師や栄養士というスペシャリストが存在するように、人財事業のスペシャリストも存在します。私に求められているのは、マネジメントのプロフェッショナルとして事業を前に進めることです。総合職としてこの会社に入った私の新たな挑戦が出来る良い機会だと感じ、私は旅立ちました。

  • 挑戦と成長の機会をつくる

    ベトナムだけでなく、フィリピン、ミャンマーなどで日本語学校を本格的に推進し、東南アジアの若者に日本で活躍してもらう道を開く――それが事業の目的です。そのために、教育スピードと質の向上、学生集客、予算および人事マネジメントなど、ヒューマンリソース事業に関わる全ての要素について、現地スタッフと一丸となって進めていきます。事業の順調な拡大が実現できれば、さらに当社の若い社員が挑戦し活躍する場が増えるでしょう。それをつくることも、私のミッションです。 日本語の習得に真剣に取り組む若い東南アジアの学生たちを見るたび、彼らの将来に責任をもたなければならないと感じます。そのためにも、日本と東南アジアの架け橋となる企業に成長させたいと思います。

    ※所属およびインタビュー内容は取材当時(2018年)のものです。

  • 2008年 営業部
    2011年 事業部|支店長
    2012年 営業部|部長
    2018年 ONODERA USER RUN ヒューマンリソース事業|上席執行役員
    2020年 ONODERA USER RUN 海外事業統括|常務執行役員

その他の社員

totop