栄養士の役割

LEOCの栄養士として働くということ

栄養士の役割とは

毎日をもっと豊かに。ビジネスの先頭に立ち大胆なチャレンジを続ける。

お客様の毎日が、健やかで幸せな時間になるようにと、“想い”を込めて

LEOCの栄養士として働くということ

栄養士の役割とは

毎日をもっと豊かに。ビジネスの先頭に立ち大胆なチャレンジを続ける。

お客様への “想い”を
かたちにする仕事

LEOCが給食を通して提供したいのは、健やかな身体と心、そして「美味しい」という幸福です。そのため、LEOCが各事業所で提供するメニューは、セントラルキッチンで一律に決めたものではなく、「オーダーメイド」。一つひとつの事業所で求められる食事は違うから、マニュアルにとどまらず、常にお客様の目線に立って自分にできることを考え、各事業所のニーズに寄り添い、健康かつ、美味しい食事を日々追求し続けています。だからこそ、LEOCの管理栄養士・栄養士には、お客様と向き合い、一人ひとりに喜んでいただきたいという“想い”が何よりも大切。
お客様が、健康な身体で夢を叶えられるように、毎日の食事の時間が笑顔あふれるひとときとなるように。『人を大切にしたい』という情熱と強い気持ちを持ったホスピタリティあふれる仲間を、私たちは求めています。

お客様を感動させるという、
大きな価値の真ん中で

こだわりである現地調理の中心を担うLEOCの管理栄養士・栄養士。私たちの仕事は、献立作成をはじめ、調理やトレーチェック、衛生管理など多岐にわたりますが、一番は事業所ごとに異なるニーズをくみ取って、お客様に健やかな身体と心、その先の感動をつくることにあります。しかし、それは決して一人で完成させられるものではありません。感動のフィールドを創出する総合職と、料理の「美味しさ」を最大限に引き出すプロフェッショナルである調理師とともに“チームLEOC”が互いの力を活かし、お客様一人ひとりの日常の価値を高めていきます。その中で、献立という、お客様への“想い”を形にする設計図によって、事業所の司令塔としての役割を果たすのが、私たち管理栄養士・栄養士です。

幅広いフィールドと経験が
栄養士を成長させる

LEOCは、全国の病院や福祉施設、保育園や幼稚園、学生食堂、社員食堂、スポーツ施設など2,200ヶ所以上の事業所で食事サービスを提供しており、このすべての事業所が、管理栄養士・栄養士の活躍のフィールドです。例えば、LEOCでは、ヘルスケアの分野だけに特化するのではなく、複数の業態をバランスよく受託しているため、多彩な経験を重ねることができ、知識やスキルを高められます。さらに、各事業所ならではのやりがいや大切な想いに触れることで、ある事業所での「当たり前」は、別の事業所ではそうではないという気づきがあり、それは、さまざまなお客様への理解を深めるとともに、栄養士としての視野を広げてくれます。そんな、LEOCの幅広いフィールドと経験は、あなたを一回りも二回りも成長させてくれる、大きな財産になるはずです。

一人の“想い”に応える
多彩なキャリア形成の道

LEOCには充実した研修制度があります。仕事に必要な知識やスキルを一から学べる新人研修に加え、特徴的なのが「カフェテリア型研修」。例えば、献立の立て方を深く学ぶものなど、仕事をする上での経験値を高める講座はもちろん、日常生活に役立つ講座もあり、多種多様な中から自分が目指すキャリアや興味に合わせて学び受講することができます。生涯を通して学べる環境の中で、管理栄養士・栄養士としても、一人の人間としても磨かれます。また、研修の場では、同期や業態の異なる社員との交流が生まれるのも一つの楽しみです。
さらに、LEOCの管理栄養士・栄養士には、事業所の厨房業務を経て、事業所デスクやセンターダイエティシャン、調理責任者となる道だけでなく、本社の栄養管理部や運営指導部のスタッフ、さらには支店長として活躍する道も用意されています。事業所の先にも広がる、一人ひとりの想いに応える多彩なキャリア形成が、LEOCの管理栄養士・栄養士にあります。