LEOCで働く人
アスリート関連施設勤務<br>※取材当時 シニアマネージャー 石田 美奈津

スペシャリスト特集
—スポーツ栄養編―

新卒│管理栄養士・栄養士職
2008年入社
石田 美奈津
アスリート関連施設勤務
※取材当時
シニアマネージャー
  • 栄養士としての幅が広がる

    中学・高校で陸上の選手をしていて食事の大切さを実感したことが、栄養士を目指すきっかけでした。そして、管理栄養士の資格が取得できる専門学校に進学。在学中のインターンシップでは特に社員食堂での経験が楽しく、そこでLEOCに興味を持ち、説明会に参加しました。中でも印象に残ったのは、様々な業態があることや、栄養士でありながら調理にも携わるといった、栄養士としての活躍の幅の広さ。また、説明会ならではの堅苦しさがなく、働きやすい会社だという印象を受けたことも入社の決め手になりました。実際入社してみると、職場の雰囲気の良さは予想通り。みんなとても優しく、若い先輩社員もたくさん活躍していました。また、年齢の近い現場責任者や本部の栄養士の姿は、仕事をする上でとても刺激になります。

  • 様々な経験ができる環境

    入社後は社員食堂で業務に就きました。そこでは、献立作成だけではなく、発注、仕込み、調理補助、洗浄、それにホールでの提供も経験。調理業務は、一緒に働く調理師から味付けの細かな点まで教えてもらいました。食事を提供するまでの行程を把握できたことで、献立を立てる際、「調理しやすい献立にするにはどうすればいいか」「食材ロスを減らすには、どんな献立にするべきか」といった細かな点まで気を配れるようになりました。栄養士として調理にも関われる点は強みになっていると感じます。また、社員食堂はお客様の反応がダイレクトに伝わってくるので、ニーズを知る→改善する→さらに喜ばれるものにするというサイクルがあるのも、より良い献立を目指す上でいい環境だと思いますね。

  • 公認スポーツ栄養士としての挑戦

    入社後、プロスポーツ選手として活躍する友人からアドバイスを求められることが続いたことから、徐々にスポーツ栄養指導の仕事をしたいと考えるようになり、公認スポーツ栄養士の資格を取ろうと思いました。社内研修で学び、資格を持っている先輩に話を聞き、土日は図書館にこもって勉強。周囲の理解もいただいて勉強を続け、5年がかりで資格を取得することができました。そして、ちょうど資格を取得したタイミングで、野球チーム専属の公認スポーツ栄養士になりました。そこでの仕事は、食事の提供だけではなく、全選手を対象に栄養教育や食環境を整えるための栄養サポートをすること。日頃の食事の指導、遠征先のホテルや球場で提供されるメニューのチェック、さらに体づくりのための栄養セミナーなども新たに挑戦しています。

  • 背中を押してくれる人が
    いること

    今までは各自に任されていた選手の試合後の食事も見直しました。疲労回復や栄養バランスの整った食事を取るのは簡単ではありません。そこで、試合後の食事もサポートすることにしたところ、とても好評。また、現在では、選手の個別指導にも力を入れ、数名の育成選手にマンツーマンで栄養指導を進めています。こうした施策の原点は、企業の社員食堂にいたときに、ニーズにあった食事が出せるように考えていた経験があったから。選手一人ひとりに何が必要で、何ができるかを、これからも大切にしていきたいですね。

    入社後に公認スポーツ栄養士資格を取得し、今希望通りの仕事ができているのは、わたしの意見を尊重し、理解してくれる上司や先輩、“頑張れ!”と背中を押してくれた同僚や現場のスタッフの存在があるから。LEOCはチームワークは抜群で、とことん頑張れる現場があると思います。

    ※所属およびインタビュー内容は取材当時のものです。

その他の社員

totop