LEOCで働く人
福祉施設勤務 福岡キャリナリー製菓調理専門学校 卒 山田 駿弥

調理を通じて周りの人々の
健康づくりに役立てたい。

新卒│調理師職
2020年入社
山田 駿弥
福祉施設勤務
福岡キャリナリー製菓調理専門学校 卒
  •  

    【入社の理由・きっかけは?】

    企業説明会でLEOCのことを知り、調理師として長く働ける環境だと感じて、入社を決めました。業務内容も具体的に教えていただいて、入社後のことをイメージしやすかったです。あとは、先輩からお話を伺えたことが大きかったです。

     

    【就活時、企業を選ぶポイントになったのは?】

    治療食のレシピを勉強して、家族や周りの人のために役立てたい気持ちがあったので、色々な食形態を学べるところ、ですね。ホテル・高級外食は人気のある業界ですが、わたしにはちょっと厳しそうだなと感じていて。それよりも作り手として、召し上がる方の健康に配慮した食事を提供できるようになることがわたしの目標です。

     

    【入社直後の業務は?】

    最初は食材の切込みや仕込みを教わりました。それまで見たことものないような大量の仕込みや盛り込みを行うので、最初はかなり大変でした…!ただ食材を切るだけでなく、刻み食やアレルギー食の対応などの細かなルールもあり、一年目はとにかくたくさんのことを覚えました。

    >>もっと読む

    慣れないうちは大変でしたが、仕事が終わらなかったとか、困ったことは一度もなかったですね。
    いつも周りの調理師の先輩やサプラー(※)の方にサポートしていただいたおかげです。チームワークの良さもLEOCの特徴だと思います。※パート従業員のこと。”満足を生み出す人”という意味が込められたLEOCの造語

     

  • 【若手のうちに心得ておきたいことは?】

    基本の「キ」ですが、やはりあいさつは大事です。また、協力していただいたときは「ありがとうございます」と感謝の言葉を伝えること。忙しくてそのときすぐに言えなくても、後で気が付いたときに伝えるようにしています。

     

    【LEOCの教育・成長環境は?】

    一人ひとりに合った指導をしてくれる、と感じています。人によってキャリアの方向性やスピード感は違いますが、どんどんステップアップしたい人にはそのためのステージがあり、心配や不安ごとにもきちんと答えてくれる。そういう環境の中で、一つひとつの業務に真摯に取り組むことが、自分の力になるのではないかと思います。

    >>もっと読む

    先ほど治療食に興味がある、とお話しましたが、仕事をする中で栄養管理に関する知識の重要さを感じて、いま少しずつ独学で勉強しているところです。LEOC大学・大学院という研修制度では、職種に特化した内容はもちろん、それに限らず興味関心のあることを幅広く学べるプログラムがあるので、活用していきたいなと思っています。

     

    【就活生へのメッセージ】

    LEOCはいま成長している会社です。そうした環境の中でチャレンジしたり、学んでおくことは確実に自分のプラスになります。待遇や福利厚生もしっかりしているので、安心して働き、知識や技術を習得できる会社だと思いますよ!

    ※所属およびインタビュー内容は取材当時のものです。

  • 未知の世界へのチャレンジ

    寒い季節の人気メニュー、すき焼き煮。 食材ひとつずつ別に炊き、盛付にも気を配ります。

その他の社員

totop