LEOCで働く人
保育園勤務 ※取材当時 西川 佑子

子どもの心と身体を育み、
家族の時間を生みだす
調理師へ

新卒│調理師職
2018年入社
西川 佑子
保育園勤務
※取材当時
  • 子どものための
    調理師という道

    わたしが調理師の道を選んだのは高校3年生の頃です。もともと料理が好きで、子どもと関わる仕事にも興味を持っており、どちらも両立したいという想いから、進路先として浮かび上がったのが調理師という道です。その直感を信じて、卒業後は調理師専門学校へ進みました。LEOCとは就職活動のときに初めて出会いました。興味のあった保育園・幼稚園だけではなく、病院や老人ホーム、社員食堂からアスリートなどの分野にも関わることができるコントラクトフードサービス事業の幅広さや、LEOCの「食を通じてお客様に喜びと感動をお届けしたい」という事業への想いに、「ここで働きたい」と強く感じて志望しました。入社後は念願の保育園に配属となり、子どもたちへの食事づくりを通じて、試行錯誤しながら日々を奮闘中です。

  • 子どもの食を考える
    おもしろさ

    現在の主な仕事は、乳児の離乳食をはじめ、幼児食やおやつなどを含めた食事づくりです。調理はもちろん、当日の段取りを考えて現場を仕切ることもします。調理の仕方次第で子どもの好き嫌いに関わってくるため、調理師のひと手間は大切な要素です。例えば、ピーマンやニンジンなどは、皮に匂いがあるため残さず剥いたり、お肉の下処理に関しても、酒に漬け込んで柔らかい食感にしたり、少しでも食べやすくするためのひと手間は欠かせません。また、味付けにおいても子どもの舌を考えながら、慎重に調整しています。子どもたちの反応を見た保育士さんから、「今日は全部食べてくれましたよ!」「今日は濃かったようです……」と伝えてもらえるので、改善や工夫のしがいがありますし、やりがいにもつながっています。

  • より美味しく、
    より楽しい食事のために

    入社当時は失敗することもあり、先輩から指摘されることが多くありました。特に忘れられないのは、調理を早く終わらせようと気持ちが空回りしてしまい、食材を入れ忘れるという初歩的なミスをしてしまった時のことです。最終的には周りのフォローもあって、無事に提供できたのですが、先輩からは「次は見落とさないようにしようね」とお叱りを受けました。ただそのあと、改善策を一緒に考えてくれたり、相談に乗ってくれたりと、常に気にかけていただけたおかげで今があります。
    現在の目標は、同じ事業所で働く先輩にいち早く近付くこと。調理のスピードが自分より遥かに早く、サプラーの方への指示も的確で、先輩から学べるものが多くあります。「子どもたちの心と身体を育てる食事づくりを」というLEOCの想いのもと、先輩のような責任者になれるよう成長していきたいです。

    サプラー パート従業員のこと。”満足を生み出す人”という意味が込められたLEOCの造語

  • 厨房の先にいる、
    子どもと家族を考えていく

    普段の食事づくりにおいて、子どもが厨房まで来て「美味しかったよ!」と伝えてくれたり、保護者の方から「うちの子、この食材食べられたんですね!」「今日のメニュー美味しかったそうですよ」という反応をいただけたり、日々の調理に活かしていけるのは今の事業所ならではのやりがいです。同時に、子どもがまだ見たことない食材について知ったり、調理したりできる食育イベントも含めて、一人の調理師として成長していける環境があります。食べる人がすぐ近くにいるからこそ、もっとワクワクする食事を作るためのひと手間を惜しまない。そういった想いのもと、やりがいや楽しさを大切にしながら、子どもと家族の時間が生まれる食事を提供し続けます。

    ※所属およびインタビュー内容は取材当時のものです。

  • ■ 2018年~保育園 配属

その他の社員

totop