LEOCで働く人
シニア栄養管理部 担当部長 松野 和加子

スペシャリスト特集
—シニア編―

新卒│管理栄養士・栄養士職
2009年入社
松野 和加子
シニア栄養管理部
担当部長
  • 専門職への憧れを胸に

    ■LEOCに入社を決めた理由・きっかけは?

    栄養士という職業を意識し始めたのは、中学1年生のとき。もともと食べることが好きだったのと、家庭科の授業が得意だったこともあり、管理栄養士を目指すようになりました。栄養士と言えば、食のエキスパート。いざ就職活動を始めてみると、その能力や適性があるのかどうかと自問する日々でした。他業界も受けてみましたが、説明会や面接に参加するうちに専門職への憧れが募っていって、栄養士の道に進むことにしました。初志貫徹、ですね。具体的なキャリアの目標はまだ模索中でしたが、だからこそ、選択肢の多いLEOCは自分には合っているように感じて、入社を決めました。

     

    ■入社前後のイメージギャップはありましたか?

    入社前は厨房の場所など、環境面に関してはやや閉鎖的なイメージを持っていました。でも、入社してみると、ごく限定的なイメージだったと気づきました。わたしがLEOCへ入社したのは、ちょうど特定保健指導が始まった頃でした。働く世代の方の健康維持をサポートすることに興味があったので、入社前は社員食堂を希望していたんです。でも、最初に配属となったのは有料老人ホーム。第一希望ではなかったものの、お客様のところへ「今日のお食事はいかがでしたか?」とお伺いする機会も多く、思っていたよりずっと開放的で明るい雰囲気でした。

    有料老人ホームに入居されている高齢者の方は元気な方が多く、「アクティブシニア」という表現もあるように、健康意識の高い方も増えてきています。新規オープン事業所でも、健康をテーマにしたメニュー提案をさせていただいており、対象世代こそ社員食堂とは違いますが、お客様の健康維持に貢献する仕事ができているのかもしれないな、と感じます。仕事の内容面でも環境面でも、想像以上の広がりと可能性があり、いい意味でギャップがあったと言えます。

  • 固定観念にとらわれず
    柔軟に

    ■シニア栄養管理部での業務について

    シニア業態の栄養管理部の業務は、大別して三つあります。一つめは献立作成等のデスク業務を行うプランナーとしての役割。受託事業所数が多いので、献立作成も2段階に分けています。ベースとなる献立を作る、どちらかというと商品開発に近い役割を担うプランナー。そして、そのベースの献立をもとに各事業所にアレンジして献立を作成し、各事業所を巡回して、クライアントとの調整を担当するプランナーがいます。二つめはクライアントとの関係構築として、会議の開催やお客様との茶話会への参加。最後に現場栄養士の育成サポートとして定期的に研修や面談を行っています。

    現在、シニア栄養管理部は有料老人ホームと特別養護老人ホームとチームが分かれており、わたしは主に有料老人ホームのグループ法人が集まっているチームでリーダーを担当させていただいています。わたし自身の仕事は、複数の事業所で献立作成を担当しながら、新規オープン案件への対応や、事業部や営業部のスタッフとともに新しい取り組みの考案・検討を行うこと。あとは、食材費の管理や栄養管理部メンバーの労務管理やフォロー、現場栄養士の面談などですね。いつも全力投球です!

     

    ■シニア世代の食事にいま求められていること

    まずは、固定観念にとらわれず、トレンドも少し意識しながら、要望に応じて豊富なメニューを提案すること。若者同様、有料老人ホームにもトレンドがあります。そもそも「高齢者」とひとくくりにすることが難しく、同じ施設でも3年も経てばお客様の雰囲気や傾向も変わると思っています。また、同じ価格帯の施設であってもお客様の好みの傾向が違うということも。メニューのバリエーションは価格帯ごとにある程度絞り込んでいきますが、最終的にはお客様の声を聞いて、アレンジして対応していきます。

    次に、ハイエンド層も満足できる食事を整えること。有料老人ホームは、ここ数年で価格帯の幅がぐんと広がるようになりました。それに伴って、これまで高級とされていた価格帯よりもさらにハイエンドな施設も出てきています。華やかで充実した食生活を送ってこられたお客様の舌に応えられるよう、これまでの実績をもとに、メニュー開発に一層注力していきたいと思っています。

  • 「できない」ことが
    「できるようになった」
    ときの喜び

    ■仕事をする上で大変だったことは?

    思い返してみれば、ずっと大変だった気がします(笑)栄養管理部配属後、最初に直面した壁は、ベースの献立作成でした。当時はまだそれほど料理知識も現場経験も豊富ではなかったので…でも、料理本を読み漁って知識を増やし、上司や同じチームの方と一緒にメニュー会議をするうちに、だんだん献立や料理に対する自分の意見が言えるようになっていきました。「絶対できない」と思っていたことが「できるようになった」ときの喜びはとても大きかったです。

     

    ■これからのチャレンジしたいこと

    これからチャレンジしたいのは、メニューの更なるブラッシュアップです。食事は日々口にするものですから、つくり手の顔が分かった方が安心感につながりますよね。献立作成やメニュー企画は、栄養士が机の上で行っているだけではなく、現場を熟知している支社長・支店長や事業所責任者に相談したり、レオックフーズ(食材の製造・販売・物流を行うグループ会社。詳しくはこちら)のバイヤーから食材の情報を提供してもらったり、色々な方々と協力して成り立っています。もちろん、全ての企画がうまく行くわけではありませんが、それでも次はこうしよう、と前向きに捉えられる雰囲気がLEOCにはあります。新しいことを取り入れ、失敗に臆さずチャレンジできるのはLEOCの強みですね。とりあえずやってみて、ダメだったら他の方法を考えればいい、という考え方。わたし自身もチャレンジ精神を忘れず、チームと協力してより良いものを作り続けていきたいです。

  • 未来の自分を想像しながら目の前の仕事に打ち込む

    ■就活生へのメッセージをお願いします!

    シニアの現場は365日、毎日食事を提供するので、料理が好きな方はきっと楽しく仕事ができると思います。事業所にもよりますが、色々なイベント企画に携わるチャンスも多い業態です。委託給食会社は入れ替わりが早いイメージがあるという方もいらっしゃるかもしれませんが、わたし自身も12年勤めているように、長く働いていらっしゃる方がたくさんいます。1年後、2年後、自分がどんな仕事をしていたいかを想像しながら、目の前の仕事と向き合い、チャレンジを惜しまず、楽しむこと。長い目で見れば、きっと色々なチャンスがあるはずですよ!

    ※所属およびインタビュー内容は取材当時のものです。

その他の社員

totop