LEOCで働く人
社員食堂勤務 東京誠心調理師専門学校 卒 佐野 柊哉

目標は「食×スポーツ」!
夢の実現に向けて
日々の業務をやり抜く力を

新卒│調理師職
2019年
佐野 柊哉
社員食堂勤務
東京誠心調理師専門学校 卒
  • 【入社の理由・きっかけは?】

    会社説明会で試食したカレーがものすごく美味しくて、給食でもこれだけ美味しいものが作れるんだ!と感じたことがきっかけでした。色々な業態で幅広く仕事ができるのも魅力でしたね。昔からスポーツ観戦が好きだったので、食とスポーツ、両方に力を入れているところにも共感し、入社を決めました。

     

    【入社直後の業務について】

    まずは仕込みや盛付を習得し、その後、調理について学びました。はじめのうちはスチコンなどの調理器具の使い方も分からないし、大量調理ならではの工夫も一から学ぶので、日々勉強でしたね。

    >>もっと読む

    調理を教わった先輩はレストランでの調理経験が豊富な方で、たくさんのことを学びました。たとえば、鶏肉の皮をパリッとさせる方法や、魚に焼き目を付ける時の温度管理など、基本的な調理法だけでなく、美味しさを生み出す細かな技術まで教えていただきました。

     

    【現在の業務について】

    一通りの調理業務を習得した後、2年目の終わり頃に事業所責任者のお話をいただきました。

    それまで責任者の経験がなかったので不安もありましたが、先輩に相談し、やってみよう!と思ってチャレンジしました。現在は責任者として、通常の調理業務に加えて、売上集計やメニューの作成、スタッフのシフト作成などを行っています。

  • 【仕事のやりがいは?】

    週一回以上、イベントとしてスペシャルメニューを提供させていただいているのですが、新しい料理をご提供したとき、お客様からの反応が良いと嬉しいですね。調理師として、そして事業所責任者として、料理のクオリティと収益の両方を意識してバランスを取ることは決して簡単なことではありません。だからこそ、お客様からの「美味しい!」のひと言は励みになります。

     

    【今後のキャリアプラン、チャレンジしてみたいことは?】

    アスリート施設でスポーツ選手たちの食事を担える調理師になることです。そのために、栄養学やアスリートフードの資格を取るための勉強もしています。LEOCのグループ会社が運営している横浜FCのクラブハウスへ手伝いに行くこともあります。クラブハウスでは、選手のための食事の仕込みや調理のほか、キッチンカーで観客用のフード販売準備を行います。

    >>もっと読む

    もともと食とスポーツに興味があったこともあり、ダメ元で支店長に相談したところ、ヘルプ対応として現場経験を積む機会をいただくことができました。実際にクラブハウスで仕込みや調理に従事していると、アスリートに特化した栄養や調理の勉強が必要なことが分かり、休日は本や動画で勉強する時間を取るようにしています。

     

    【就活生へのメッセージ】

    LEOCでは様々な業態で働くことができます。だからこそ、やりたい仕事が決まっている人はもちろん、決まっていない人も自分のやりたいことを見つけられるんじゃないでしょうか。わたし自身、入社後にアスリート施設専属シェフという夢を見つけ、その実現に向けて走っている最中です。そのためにも、日々の業務の一つひとつを丁寧にやり抜く力を付けたいですね。みなさんも夢や目標を見つけて、一緒にチャレンジしていきましょう!

    ※所属およびインタビュー内容は取材当時のものです。

  • 未知の世界へのチャレンジ

    事業所責任者として、調理はもちろんメニュー作成や労務管理も行います。

  • 未知の世界へのチャレンジ

    事業所でご提供している食事。味・ボリューム・見た目・栄養、全てこだわって作っています。

  • 未知の世界へのチャレンジ

    スポーツ×食にチャレンジ中。時にはキッチンカーで観客向けのフード販売を手伝うことも。

その他の社員

totop