LEOCで働く人
BI栄養管理部 担当部長 臼田 美貴

スペシャリスト特集
—BI編―

新卒│管理栄養士・栄養士職
2006年入社
臼田 美貴
BI栄養管理部
担当部長
  • チャンスと発見が多い環境

    学生の頃から献立作成だけではなく、調理もしたいと考えていました。参加したLEOCの会社説明会で、栄養士でも調理に携わり、さらに社員食堂や病院と、どちらの業態にも関わるチャンスがあると聞いて、「ここならやりたいことに挑戦できる!」と感じたのが入社の決め手でした。実際に、入社後はヘルスケア、シニア、スポーツ栄養、社員食堂の4つの業態で、献立作成・調理など様々な業務を経験しました。ヘルスケアであれば塩分の少ない調理が大事で、アスリートであれば増量を目的とした栄養バランスが大事など、場所によって重視する点も、食材の切り方も変わってきます。新しい業態に挑戦するたびに、当たり前だと感じていたことが一つの手段であることに気付きました。そうした一つひとつの気付きが栄養士としての視野を広げてくれていると感じています。

  • 楽しんで食べてもらう
    ために

    栄養士としてわたしが大切にしているのは「楽しんで食べてもらう」ということです。特に有料老人ホームは、「食」に「楽しみ」という役割が求められる現場だったので、強く思いました。そこでは、得意なお菓子づくりを活かしてスイーツバイキングのイベントを開催したり、季節を感じられるお弁当メニューを考えたり、栄養士としてお客様に提供できることの多さを学びました。また、クラブハウスでサッカー選手に食事を提供していた時は、選手の誕生日にそれぞれが好きなメニューを取り入れるという企画を提案。栄養バランスが優先される環境で、好きな食べ物を食べる楽しみを持ってもらいたい、そして選手同士のコミュニケーションのツールになるように、という想いから生まれた企画でした。

  • 将来を描くきっかけ

    わたしは入社後に、働きながら管理栄養士の資格を取得しました。毎日の仕事でも覚えることが多く、その中で資格取得に向けた勉強をするのは大変でした。しかし、学ぶことが自分のキャリアや将来のビジョンを見つめるきっかけになり、それが、試験勉強と、普段の仕事のモチベーションにもなっていました。また、LEOCではヘルスケアもシニアも経験していたので、参考書の内容をイメージしやすかったです。そして、合格したのは入社して7年後のこと。資格を取得してからは、知識を裏付けとしてお客様に説得力のある提案ができるようになるなど、学んだことを仕事に活かすことができ、諦めずに勉強を続けてよかったと心から思います。

  • 学びがキャリアに

    管理栄養士の資格を取ったことで臨床分野への興味も広がり、「LEOC大学院」へのチャレンジを決めました。「LEOC大学院」は、臨床に強い栄養士を目指すための選抜型の研修制度。学会に参加して最先端の情報を得たり、大学病院でNSTや病棟カンファレンスの視察したり、なかなかできない貴重な経験でした。栄養に関する体系的な視野が身につき、健康であるためにいかに普段の食事で予防することが大切かを以前よりも感じるようになりました。資格や「LEOC大学院」での学びを経た今の目標は、BI栄養管理部として担当している事業所で、食事を通して病気を予防するアプローチを増やすこと。形がないものなので迷いもありますが、それ以上に楽しみを感じます。

    こうして、今までわたしが栄養士としてステップアップできたのは、仕事を通じて様々な経験と学びがあったから。LEOCなら、きっと面白いキャリアが描けると思います。

    ※所属およびインタビュー内容は取材当時のものです。

その他の社員

totop