お問い合わせ

Cutting edge 2020

ONODERA Universal Food

銀座おのでら VEGAN

Cutting edge 2020 ONODERA Universal Food。
2020年、ONODERA GROUPの食に関する最新の取り組みをお伝えします。
一つは銀座おのでら、もう一つはVEGAN(ヴィーガン)です。

Cutting edge 2020 │ 01 Ginza Onodera

銀座おのでらの社会貢献

限られた資源へ、感謝の気持ちを込めて

銀座おのでら

 創業30年のONODERA GROUPが、7年前、30年後の世界を見据えて海外展開をスタートさせた”銀座おのでら“。銀座おのでらは、究極の癒し空間と絶品の日本料理を世界に伝える事業。その名前のとおり、ONODERA GROUPの『食に対する情熱』のすべてが表現された世界屈指の日本料理店です。

 この銀座おのでらが日本文化を世界に伝達していく上で、何千年も培われてきた日本のサステナビリティ思想が根底にあります。例えば、鮨店で使用する最上級の魚を、薪焼店のブイヤベースの出汁に活用し、「確実に使い尽くす」こと。廃棄物を極限まで無くす努力は、地球の恵みへの感謝です。また、有機栽培を行う契約農家との取り組みでは、厨房のみならず、産地でのフードロスを出さない仕組みを確立しています。無農薬野菜、自然の恵みを大切にした調味料の使用も、このサステナビリティ思想の上で成り立っています。

 銀座おのでらは、お客さまに最高のお食事をご提供しながら、社会に対する責任を果たしていきます。

究極の癒し空間と絶品の日本料理を世界に伝える「銀座おのでら」 鮨店で使用する最上級の魚をブイヤベースの出汁に活用する「銀座おのでら 薪焼店」
Cutting edge 2020 │ 02 Veagan Menu

VEGAN

国際的食文化に対応し、
からだにも地球環境にも配慮した食

VEGAN

 ONODERA GROUPはグループの食事業にヴィーガンを積極的に取り入れていきます。ヴィーガンとは地球と人類の共生、持続可能な社会を実現するための思想の一つで、絶対菜食主義者のことです。世界に広がるグローバル企業として、食文化の多様性への対応はONODERA GROUPに不可欠なミッションです。

 この取り組みは、ONODERA GROUPの社会貢献活動の一部であり、SDGs=「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」に準拠し活動する予定です。具体的には、ONODERA GROUPのエグゼクティブシェフであり、ヴィーガンシェフの第一人者である杉浦仁志を中心に展開。からだにも地球にも優しい食事、自分らしい人生を送るために平等な食事、免疫力を高めて安全に暮らす食事など、社会に貢献できる活動を行う予定です。

1000 VEGAN LEOC PROJECT

ヴィーガンとは地球と人類の共生 ONODERA GROUPのエグゼクティブシェフであり、ヴィーガンシェフの第一人者である「杉浦仁志」

お問い合わせ

Contact



  • ONODERA GROUP
  • ONODERA USER RUN
  • 銀座おのでら
  • 80歳定年
  • アミノ酸配合ゼリー
  • YOKOHAMA FC
  • キラキラ輝き続ける管理栄養士、栄養士のためのポータルサイトKIRAKIRA Web
  • Blue Globe TOKYO | 表参道のDeli&Cafe
  • Espolada
totop