お問い合わせ

ニュース
News

ニュース

  • 給食委託会社LEOC:HOME>
  • ニュース>
  • 【Press Release】食のエッセンシャルワーカーに寄り添う存在へ。 AIメニュー・発注提案システム「Lappy」の本開発製品が完成

2021/07/01

プレスリリース

【Press Release】食のエッセンシャルワーカーに寄り添う存在へ。 AIメニュー・発注提案システム「Lappy」の本開発製品が完成

ONODERA GROUPの株式会社LEOC(レオック、代表者:田島 利行 所在地:東京都千代田区大手町1丁目1番3号)は、特定給食施設向けAIメニュー・発注提案システム「Lappy」(ラピィ)※1の本開発製品が完成したことをお知らせいたします。

当社は全国約2,600カ所の病院・介護施設などで、コロナ禍にあっても安心かつ高品質な食事提供を行ってまいりました。その事業の要となるのが、事業所の柱である全国約3,400名の管理栄養士・栄養士や、食材流通を日々支える仕入れ先の皆様です。

一方で栄養士業務は、献立作成をはじめとしたデスク業務、厨房業務、クライアント様との調整など、極めて多岐に渡っております。中でも発注業務はHACCP※2をもとにした独自の衛生管理をはじめ、多様な条件を考慮する必要があり、時間外労働の一因となってきました。また発注の誤差も出やすく、物流全体の約10%に相当する注文変更・キャンセルが発生。仕入れ先の負担、エネルギーコスト・フードロスの増大も課題となっておりました。

Lappyは当社の給食・栄養管理システム「L-Palette」※3のアドオンとして機能し、発注業務を行う管理栄養士・栄養士の業務をサポートいたします。事業所の在庫量や食品庫の規模、各食材の使用期限など、多様な条件を考慮した購買計画を提案。これまで約8時間/週を要した発注管理業務が一事業所当たり45秒※4に短縮され、エネルギーコスト・フードロスにつながっていた注文変更やキャンセルの量を低減。栄養士・仕入れ先双方の負担軽減につながります。

Lappyは2019年12月に、メニュー提案機能を実装したテスト開発版が完成※5。その後発注提案機能の実装を進め、今回の本開発版完成に至りました。2021年7月より、当社の食材流通子会社である株式会社レオックフーズをご利用の一部事業所からテスト運用を開始。その後改良を経て、年度内の全国展開を目指しております。

コロナ禍にあってもお客様の「日常の食」をつなぎ続けている、食のエッセンシャルワーカー。当社はそうした一人ひとりの働きやすさを追求し、持続可能な事業モデルを構築できるよう、新たな技術を活用した改革を進めてまいります。

※1 「Lappy」「ラピィ」、および公式ロゴは当社の登録商標です。
※2 危害要因必須分析管理点。原材料の仕入れから調理、提供まで、危害の防止につながる重要な工程を継続的に監視・記録する管理手法。2021年6月にすべての飲食事業者へ義務付けられました。
※3 富士通のヘルスケアソリューションをベースとした当社の給食栄養管理システム。
※4 発注規模や通信環境により変動が発生いたします。
※5 メニュー提案機能はVNEXT JAPAN株式会社にて実装されました。

Lappyについて

◇人工知能分野における最適化技術を利用し、食材発注とメニュー作成の提案を行います。これまで8時間/週を要した発注管理業務が約45秒、1週間分のメニュー提案が約55秒で完了いたします。

◇食材は原則、即日使い切りが厳守となっている特定給食施設。日々の使用量に基づき、複数規格の組み合わせで食材購買を提案いたします。また食材別の在庫利用期限や食品保管庫のスペースなど、あらゆる条件を考慮。ムダを最小限に抑えつつ、常備量を確保した必要量を提案いたします。

◇Lappyにより、発注量の精度が向上。仕入れ先や物流ドライバーへの負担軽減、エネルギーコスト・フードロスの削減へつながります。

◇将来的に深層学習の技術を応用し、天候による流通状況、事業所ごとの特性などを踏まえた食数予測・発注提案機能を実装する予定です。

◇開発は富士通株式会社(代表取締役社長:時田 隆仁 所在地:東京都港区東新橋1丁目5番2号)のご協力のもと実現。L-Palette開発時からのパートナーであり、システムを知悉している立場から、AIを活用した仕様改修を短納期・高品質で行っていただきました。

Lappy開発の経過・予定

各企業担当分野

◇株式会社LEOC:管理栄養士・栄養士業務の要件定義、仕様策定

◇富士通株式会社、富士通クラウドテクノロジーズ株式会社:AI開発・実装

パートナー企業概要

《富士通株式会社》
富士通は、テクノロジーをベースとしたグローバルICT(Information and Communication Technology)企業です。幅広い領域のプロダクト、サービス、ソリューションを提供し、約13万人の社員が世界中のお客様をサポートしています。私たちはこれまでの経験とICTの力で、お客様とともに豊かで夢のある未来の実現を目指しています。

◇所在地:〒105-7123 東京都港区東新橋1丁目5番2号 汐留シティセンター
◇設立:1935年6月20日
◇資本金:3,246億円
◇代表者:代表取締役社長 時田 隆仁
◇URL: https://www.fujitsu.com/jp/

《富士通クラウドテクノロジーズ株式会社》
富士通クラウドテクノロジーズは、国産パブリッククラウドサービス「ニフクラ」と、本サービスをベースとし富士通から提供している「FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-V」をもって、「高度なテクノロジーを誰でも簡単に使えること」を追求した、安心安全な「日本品質」のエンタープライズクラウドを提供しております。人工知能(AI)の開発においては、企業のさまざまな課題に対しデータ活用での解決を支援いたします。

◇所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目16番12号 G-7ビルディング
◇設立:1986年2月4日
◇資本金:1億円
◇代表者:代表取締役社長 関根 久幸
◇URL:https://fjct.fujitsu.com/

LEOCについて

フードサービス事業、ヒューマンリソース・ライフサポート事業、ヘルスケア事業、スポーツ・エンターテイメント事業をグローバルに展開するONODERA GROUPのなかで、コントラクトフード事業を担う株式会社LEOC。全国約2,600か所の社員食堂・病院・介護施設・保育園・アスリート施設など、あらゆる年代のお客様に対して、日常の食から心身の豊かな健康を創造する企業です。

「お客様に喜びと感動を 従業員に成長と幸福を 社会に貢献を」との企業理念のもと、一人ひとりをどこまでも大切にする企業として、人から始まる持続可能な社会の発展に貢献してまいります。

◇所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目1番3号 大手センタービル16階
◇設立:1983年4月1日
◇資本金:5,000万円
◇代表者:代表取締役社長CEO 田島 利行
◇URL:http://www.leoc-j.com/

《報道に関するお問い合わせ》
ONODERA GROUP 株式会社LEOC グループ広報部
所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目1番3号 大手センタービル16階
MAIL:kouhou@leoc.co.jp

SHARE

facebook twitter LINE
前へ 次へ

SHARE

facebook twitter LINE

お問い合わせ

Contact



  • ONODERA GROUP
  • ONODERA USER RUN
  • 銀座おのでら
  • 80歳定年
  • アミノ酸配合ゼリー
  • YOKOHAMA FC
  • キラキラ輝き続ける管理栄養士、栄養士のためのポータルサイトKIRAKIRA Web
  • Espolada
  • 1000 VEGAN LEOC PROJECT
totop