お問い合わせ
会社イメージ
voice

お客様の声

hospital

医療法人社団北腎会
坂泌尿器科病院

昭和62年12月からLEOCに委託して30年目
「入院中は食べることが楽しみの大部分を占めると思うので、食事に満足して帰っていただける環境にしたいと思っています。」
(事務部長 坂 俊英様)

「患者様から、“病院食はおいしくない印象が強かったけれど、坂泌尿器科病院での食事がおいしくて驚いた”、“今まで持っていた病院食のイメージが変わった”などと言っていただくことが多く、とても嬉しく励みになっています。」(管理栄養士 方波見 茉莉様)

導入の決め手Deciding factor

入院中は食べることが楽しみの大部分を占めると思うので、食事に満足して帰っていただける環境にしたいと思っています

坂泌尿器科病院様は昭和62年に開設され、開設当時はまだ給食の委託が認められておらず、自前で食事を提供していらっしゃいました。その後医療制度が変わり、ご縁がありLEOC(当時のメディカルサポート)に委託していただくことになりました。
現在は患者食約40食、職員食(昼食)は約90食を提供しています。食事へのこだわりを聞くと、「入院中は食べることが楽しみの大部分を占めると思うので、食事に満足して帰っていただける環境にしたいと思っています。コストを節約して切り詰めてやっている病院が多いと伺っていますが、うちは理事長の理解のもと、比較的コストをかけてやっています。」(事務部長 坂様)
理事長 坂 丈敏様は特に米の質へこだわり、患者食・職員食ともに北海道産ゆめぴりかを使用しています。給食を委託して30年、病院食の質の向上を目指す中で委託会社見直しの機会もありましたが、他社と比較しながら、現在もLEOCへの委託を継続していただいています。

導入の決め手イメージ

LEOCのサービスService

“病院食はおいしくない印象が強かったけれど、坂泌尿器科病院での食事がおいしくて驚いた”

献立の作成は病院の管理栄養士様とLEOCの栄養士が協力して作成しています。まずはベースとなる常食献立をLEOCの栄養士が立て、病院の管理栄養士様にその内容を確認していただきます。同時に、特に栄養面で多くの配慮が必要な腎臓食のみ展開を作成していただいています。その後、全粥・軟菜食や糖尿病食、職員食などへの展開はLEOC栄養士が一任し、最終確認をしていただいた上ですべての献立が完成します。「当院は急性期の病院ですので、患者様の在院期間が平均的に短く、食事へのマンネリ化は比較的少ない印象です。しかし職員食に関してはマンネリ化しやすいため、配慮や工夫が求められます。ここ最近は真新しいメニューを取り入れていただくことも多く、職員から喜びの声も増えました。また、患者様・職員両方の声を私達病院栄養士からLEOCさんに伝え、可能な限り応えていただいているので、とてもありがたく思っています。」
(管理栄養士 方波見様)
インタビューの中で、方波見様が患者様から、食事がおいしいと褒められる機会が多いことを伺いました。「患者様から、“病院食はおいしくない印象が強かったけれど、坂泌尿器科病院での食事がおいしくて驚いた”、“今まで持っていた病院食のイメージが変わった”などと言っていただくことが多く、とても嬉しく励みになっています。お食事をしっかり食べてもらうことで、免疫がついたり本来の治療効果が発揮されたり、早期回復につながります。そのため、適正な食事をおいしくしっかり食べていただくことが当院栄養科の方針です。それについてLEOCさんには沢山協力していただいていますので、感謝しています。」
(管理栄養士 方波見様)

LEOCのサービスイメージ

思い出のエピソードFuture

お楽しみ弁当の日には患者様にアンケートも取っていますが、感謝や喜びの言葉が多いようです

昔はバイキングを行っていましたが、食事の制限や適正量を考慮すると存分に楽しんでいただけないという観点から、約5年前から彩りがよく衛生的な「お楽しみ弁当」に変更しました。
「一番初めはそば弁当から始まりました。そばの他には天ぷらや稲荷寿司がお弁当箱に詰められていましたね。大変評判が良く、現在も月2回、実施しています。そのために六角弁当や9マス弁当容器を病院で購入しました。LEOCさんからも器を借りることもありましたし、毎月色々と検討していただいています。お楽しみ弁当の日には患者様にアンケートも取っていますが、感謝や喜びの言葉が多いようです。メニューや味付けだけでなく、彩りや盛り付けにも力を入れていただき、好評ですよ。」
(事務部長 坂様)
「お楽しみ弁当以外にも、行事やイベントに合わせて特別な食事も提供しています。ひな祭りや北海道神宮祭、七夕、クリスマス、毎年の当院の開院記念などがあります。例えばクリスマスでしたら、ハンバーグオムライスとケーキを出していただきました。当院は男性の患者様が多いのですが、意外にも、ハンバーグオムライスは喜ばれていました。」
(管理栄養士 方波見様)

思い出のエピソードイメージ
カンパニーイメージ

医療法人社団北腎会
坂泌尿器科病院

開設日
昭和62年 坂泌尿器科病院 設立
平成6年 医療法人社団 坂泌尿器科病院 設立
平成10年 医療法人社団 北腎会へ法人名の変更
所在地
  • 北海道札幌市北区北30条西14丁目3-1
URL
http://saka-uro.or.jp/

坂泌尿器科病院では泌尿器科医7名、循環器科医1名、麻酔科医1名の体制で診療にあたり、泌尿器科全般の治療と人工透析を行っております。手術に関しては特に尿路結石、前立腺肥大症、前立腺がんに力を入れています。関連施設には坂泌尿器科千歳クリニック、脳神経・放射線科クリニックがあり、前立腺がんについては、IMRT(強度変調放射線治療)を後者クリニックとの連携を活かし、患者さまに負担のない治療を実現しております。


お問い合わせ

Contact


メールでのお問い合わせ

お電話でもお気軽にお問い合わせください

03-5220-8550

土、日、祝日及び年末年始を除く 9:00~18:00


  • 80歳定年
  • PW GroupPW Group
  • 銀座おのでら銀座おのでら
  • 鮨アカデミーPW Group
  • YOKOHAMA FC
  • Espolada
  • TOKYO EXCELLENCE
totop