お問い合わせ

ニュース
News

ニュース

2021/03/10

お知らせ

【HACCP】美味しさと安全性を両立させる、LEOCの挑戦

【HACCP】美味しさと安全性を両立させる、LEOCの挑戦

美味しさと安全性。ともすると対立しかねない2つの要素の両立に挑んでいるのは、LEOCが病院食の受託運営を行う東京医科大学病院事業所です。

2021年6月のHACCP完全義務化に向け、急ピッチで準備を進める同事業所。まずHACCPについて概説したあと、事業所の内外で準備を進めるメンバーへのインタビューを掲載します。

HACCPとは

Hazard Analysis Critical Control Point(危害要因必須分析管理点)の略称。原材料の仕入れから調理、提供まで、危害の防止につながる重要な工程を継続的に監視・記録する管理手法です。

HACCPによる安全管理のイメージ図

工程全般を通じて問題が発生しそうになった段階から対策を講じることで、食中毒をはじめとした危害を未然に防止していくことが可能になります。2021年6月から給食事業者を含むすべての食品等事業者に、HACCPに沿った衛生管理が義務付けられます。

SHARE

facebook twitter LINE
前へ 次へ

SHARE

facebook twitter LINE

お問い合わせ

Contact



  • ONODERA GROUP
  • ONODERA USER RUN
  • 銀座おのでら
  • 80歳定年
  • アミノ酸配合ゼリー
  • YOKOHAMA FC
  • キラキラ輝き続ける管理栄養士、栄養士のためのポータルサイトKIRAKIRA Web
  • Espolada
  • 1000 VEGAN LEOC PROJECT
totop